1日1回応援クリックよろしくお願いします♪
↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

引き寄せの法則で顔を変える方法?美人・イケメンになるために

By: Vladimir Pustovit

「メイクで補正するだけでなく、すっぴんも理想の顔でいたい!」「だけど整形は嫌……。お金もかかるしリスクもあるから。」そんな悩みを抱えているのはあなただけではありません。

そんな人たちが実践している「引き寄せの法則」で顔を理想通りに変える方法を試してみませんか?

スポンサーリンク

引き寄せの法則ってなに?

引き寄せの法則というのは、自己啓発の中でもポピュラーなやり方です。
「潜在意識」という言葉を占いなどで見かけたことはありませんか?

この潜在意識というのは誰もが持っているもので、表には出ない無意識的なもののことだといえます。
これに働きかけ、無意識下に刷り込んでいくことで物事を実現させるのが「引き寄せの法則」です。

注意点としては「関心を向けた時点で望む結果も望まない結果も引き寄せる」ということが挙げられています。

引き寄せの法則で顔を変える方法

では、実際にその手順をご紹介します。口コミでは「目がぱっちり二重になった」「鼻が高くなった」「色白になった」というものもあるようです。
ぜひ実践してみましょう!

1.なりたい顔を思い浮かべる

まずは、あなたの理想の顔について考えてみましょう。有名人でも、たまたま見かけて忘れられない画像でもいいのです。もちろん友人や家族でも構いません。

ただし、写真や画像などを持っている方にして下さいね。

2.よく観察する

次に、先ほど決めた「理想の顔」をじっくり観察します。各パーツがどんなふうになっているか、ただ「眺める」のではなくて研究するつもりで「観察」するのがポイントです。

写真や画像の選び方としては、なるべくアップで写っているものが良いようです。

3.自分の顔を観察する

次に、自分の顔をさっきと同じように観察します。自分の顔が他人に思えるくらいまで観察しましょう。このときは写真ではなく鏡を使います。

注意点としては、このとき「やっぱり自分の目は小さいなあ」などと思わないようにしましょう!引き寄せの法則はネガティブな考えも反映してしまうからです。
「私の目は小さい」などという考えを持つと、それが潜在意識に刷り込まれてしまいます。

4.共通点を探す

そして、自分の顔と理想の顔を見比べて、似ているところを探しましょう。
どんなに違う印象の顔立ちでも、細かいパーツのひとつくらいは似ているところがあります。
好きな顔というのは無意識に親近感を持っていて、パーツ単位では似ていることが多いそうです。

見つけられたら、その「似ている部分」を意識して毎日を過ごしましょう。たとえば「私の目尻の形は○○さん(理想の顔)に似ている」というふうに、呪文のように繰り返し念じていくのです。
外出先のショーウィンドウや鏡に顔が映る度にやるのがおすすめです!

5.習慣的に繰り返し「楽しみながら」行う

以上のステップを自然な習慣になるほど繰り返しやっていきましょう。

ここでのポイントは「義務感」を持たないことだそうです。「やらなきゃいけない」という気持ちになるとネガティブさが混ざります。そのせいで叶いづらくなるようです。

大好きな芸能人の場合には「眺めていると楽しいので、あまり辛くはなかった」という口コミもありました。

成功するコツは信じることです

容姿というのは考え方や習慣などを映す鏡のようなものだと言われています。特に顔はその影響が大きいようです。

何かに打ち込んでいる人の目はいつも輝いていませんか?信じるという力は大きなもので、あなたの雰囲気も明るく輝いたものに変わっていくことでしょう。

まとめ

考え方を変える、物事の認識を変えるというのは自己啓発以外の分野でも大事なことだとされています。
短所だと思っていたことを長所にすることで成功してきた方も多いようです。

引き寄せの法則で顔を変えるやり方は、お金も時間もかからない方法です。
まずは試してみませんか?
思い通りの顔を手に入れて、理想の人生を歩むことができるかもしれません。

【ピックアップ】引き寄せ恋愛→結婚体験談

ファッション系の仕事中毒32歳が『引き寄せの法則パワー』で2歳年上のアパレル会社社長と出会い結婚!
子どもを二人授かっただけでなく、今でもラブラブで半年に一度は海外旅行にいく結婚生活を実現・・・

一体どんな引き寄せテクニックを使ったのか?そのヒミツのストーリーはコチラからどうぞ
↓↓↓
たった89日で運命の恋人を引き寄せ、幸せな結婚生活を送る”魔法の8STEP”って?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする