1日1回応援クリックよろしくお願いします♪
↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

引き寄せの法則「忘れる」って?

By: Kiran Foster

こんにちは、みーなです!
今回は、引き寄せの法則の『忘れる』というステップについて詳しくお話します。

「忘れてるなら引き寄せ成功してるか分からないよね?」
「願いを忘れたら何も進まないよね?」

って思ったアナタは、大きな勘違いをしているかもしれません。
正しい意味を確認して、引き寄せの法則の成功率を高めましょう!

今まで知らなかった方も、ぜひこの機会に実践してみて。願いが叶いやすくなりますよ♪

それでは、私といっしょにイメージしながらみていきましょう♪

スポンサーリンク

「忘れる」は願いを忘れることじゃない

まず、一番重要なのは「忘れるというのは、願望を忘れるのではない」ということです。
願望を忘れちゃったら引き寄せの効果も確認できないので、これはとっても大切です♪

じゃあ何を忘れるのか?というと、アナタの願いにくっついている疑い・不安・迷いです。
「手放す」「執着を捨てる」といったら、ピンとくるかもしれませんね!

その気持ちをなくして、できるだけフラットな気持ちで過ごすというのが「忘れる」というコツの意味なんです。

なぜ「忘れると引き寄せが成功」するの?

まず、願望について考えているときって迷いや不安が生まれますよね。

強く願えば願うほど「叶ってもこういうトラブルが起きそう…」「本当にうまくいくのかな?」ってことを考えてしまいがちです。
引き寄せの法則はネガティブな気持ちが交じると失敗してしまうので、これを取り除くことが大切です。

次に、「願望達成のための一番の近道」以外のルートが見えなくなってしまいがちです。

回り道だけどゴールしやすい最適ルートを選べなくなり、余計な時間がかかったりゴールにたどり着けなくなってしまうのですね。

うーん…3つめはちょっとややこしいお話なので、身近なもので分かりやすくたとえてみます!

「Aさんと付き合いたい!」という願いの場合

恋愛でたとえると、一生懸命になりすぎてこんな事が起こります。

1.もっと素敵なBくんの存在に気づけなくなる
2.「Aさんの友人を通して着実に親しくなる」という道が閉ざされる

Aさんの視点になってみると「ガンガンアプローチしてくる人」「自分には優しいけど友人には冷たい人」となってしまうので、嫌われてしまうかもしれません…。

イメージを変えるためには時間がかかることもありますし、付き合うというゴールに辿り着く可能性はかなり低くなることもあります。

執着することで、失敗することにつながってしまいやすいのですね……。

「お金持ちになりたい!」という願いの場合

たとえば、「宝くじを当てて大金持ちになるぞ」と手段を限定しすぎてしまうことがあります。

1.本業のお仕事に集中できなくなってビジネスチャンスを逃す
2.借金までして宝くじを買いまくり、今よりもっと貧乏に

これは、いつの間にか「お金持ちになる」という願いが「宝くじを当てる」にすり替わっていますよね。
お金持ちになる手段は宝くじだけじゃないってことが見えなくなってしまうのです。

引き寄せの法則は「自然と、思いもよらぬタイミングで幸せがやってくる」のが特徴ですので、ここでも、執着しすぎると失敗をしてしまいます。

引き寄せの法則『忘れる』まとめ

「意味と大切さはわかったけど、迷いや不安ってそんなに上手く忘れられないでしょ?」

って思いながらここまで読んでくれたアナタに、私からちょっとしたテクニックをお届けします!

それは、イメージで先回りしてネガティブさを打ち消してあげるってことです♪

「不安が的中してトラブルになったけど、私はそれを乗り越えられて大成功」

って感じに上書きしてみましょう。

コツは、映画の主人公になったつもりになることです。
大袈裟すぎるくらいドラマチックなイメージでちょうどいいですよ♪

ネガティブな気持ちを吹き飛ばしたら、引き寄せの法則で簡単に願いを叶えることができそうですよね♪

では、みーなでした!

【ピックアップ】引き寄せ恋愛→結婚体験談

ファッション系の仕事中毒32歳が『引き寄せの法則パワー』で2歳年上のアパレル会社社長と出会い結婚!
子どもを二人授かっただけでなく、今でもラブラブで半年に一度は海外旅行にいく結婚生活を実現・・・

一体どんな引き寄せテクニックを使ったのか?そのヒミツのストーリーはコチラからどうぞ
↓↓↓
たった89日で運命の恋人を引き寄せ、幸せな結婚生活を送る”魔法の8STEP”って?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする